読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりあ@高校生ブロガーの日常ブログ

中学校時代に不登校をちょっとばかし経験した高校生が書く日々のちょっとした出来事や気づいたことなどを綴っています。

嫉妬心はやっぱし手に負えない!?

日常

f:id:kiria42:20160318194054j:plain


こんにちは中学生兼不登校児ブロガーのきりあです。
最近嫉妬心の話をちょこっとした記事を書きましたが
今回は嫉妬心についてもっと深く掘っていこうと思います。
まあ書ける事は大したことないのですがねw


嫉妬体質の話

嫉妬体質って言葉がないのかもしれないけど
ノリでなんとなく嫉妬と体質をくっつけてみました。
さて、嫉妬体質の話。
うっすら見て取れる、
というかそのまんまなのですが
よく嫉妬をしてしまいますっていう体質なんです。
(体質って言わないかもしれないけどこの頃とりあえず「体質」をさいごにくっつけるのにはまっていてw)

認めたくなかっただけで今に始まった事でも無く
かなりガキの頃からすこし強かったような気もします。
ただあんまし自己表現できない奴だったし今もそうなので
嫉妬対象者のひとが「あれ?嫉妬されてる?」
と気付くことはなかったかなーと思います。
あ、最初の方に書き忘れてしまったのですが
今回の嫉妬の話は人間関係とか友人関係とか恋愛とかの
「嫉妬」ではなくてその人の持っていて自分のもっていない
能力的なものです。
そしてなんでこんなに嫉妬をちょっとしたはずみで
してしまうのかは
僕自身わからないんです。


嫉妬はきっと本能だ!w

嫉妬体質とか言いましたけど、
割と人間ほとんどの人は
「嫉妬をする」という行為を行っているのではないかと思います。
そしてその感情を抑えられないし勝手に発動する感じが
なんとなく「本能」って感じがしました。
とはいっても本能っていうにはすこし
複雑な感情が含まれていて本能でもないのかもとも思いました。
とちゃっかり嫉妬を
正当化しようとしていたことに気付くw


嫉妬体質であるわたしのもうちょっと掘った話

誤解されるといけないから一応書いておこうと思ったのですが、
嫉妬を軽くするものの軽いっちゃ軽いので自分でいうのもあれだけどアブナイやつでは無いと思います。

なのですが~
自分で思っているだけなのでもしかしたら
かなり嫉妬深くて一度嫉妬し始めたら固執して
アブナイ行動に走ってしまうような奴なのかもしれないです。
っていう補足w
本当に自分で自覚してないことってありますからね♪


妬ましいと羨ましいの区別の話

書いていてだんだんわかんなくなっちゃった
「妬ましい」と「羨ましい」の区別。
実は自分はただ単に羨ましんでるだけなのかもしれない?
と思い始めました。

なのですが、羨ましいっていう感情もありそれと同時に
交錯して別のそれらしき、というか妬みに近い(自分の感覚で)
を抱いているような気がします。
まあここまで書いておいて
羨ましんでいるだけっていう落ちは
落ちがつかないと言うかしまりが悪いと言うか...
まあそう思ったので、
そう思いたくて自分を洗脳しているだけ
なのかもしれませんがねw

ただ一著前に「妬みに近い感情を抱いているような気がします」

と言ったけど実際自分自身そこまでしっかりと嫉妬の意味を
認知しているわけでもないような気がしてきました。

ここで話は変わってしまうのですが
ブログとかのみならず何かを誰かに伝える時に
ちょっとあやふやな意見を発言する勇気が欲しいなーと
思いました。
そしてその勇気を持てる人も妬ましいと思いますしねw
とはいっても自分の場合、その勇気を持てない理由が
自分に自信がないからというよりかは目に見えて知識量が
足りないという感じなのですが...
そこでまた知識人の人を妬ましく思ったりw
何でもかんでも自分に無いものは羨ましくなって
その能力に嫉妬してしまう。


嫉妬心を力に!っていう話

ふと思ったのが以前記事に書いたとおりこの嫉妬心を
力に変えるっていう動作に繋げれば
大分画期的だし
その時は割と自分は出来ていると思っていたのですが、
今改めて考えてみると
全然出来てないと思いなおしました。
やっぱり何か考えるときは

離れてみたり近づいてみたりしないと
今回の場合だったら自分の事だし
それ以外の自分の事とかのみならず
様々な事柄に対して同じような事が言えるな~と思いました。


あとがき

38回目の投稿になりました。
今回はわりとスカッと
掛けた気がしました。
テーマの割にはですがw
嫉妬についての記事を書いてみましたけどやっぱり自分が詳しくないような記事ってオピニオンブログとかでなくても
難しいんだなーと
改めて思いました。
まあ今回初めてそう思ったわけでなく
毎度ブログ書くたびに思っていますがww


さいごに

コメントには一応目を通していますが
お返事は基本しませんので
アドバイスなどは僕のTwitterアカウントで
いただけると嬉しいです。
アカウントは名はきりあ42@中学生兼不登校児ブロガー
です。
最後までお読みいただき
ありがとうございましたm(__)m