読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりあ@高校生ブロガーの日常ブログ

中学校時代に不登校をちょっとばかし経験した高校生が書く日々のちょっとした出来事や気づいたことなどを綴っています。

「好みのタイプ」とはなんぞや?

f:id:kiria42:20160620213202j:plain

 

こんにちは
自称半人前高校生ブロガーのきりあです。

今回は恋愛ネタ?です。
ちなみに前回もそんなことをちらほら書きました。

よくそこらで聞く「どんな女の子が好み?」の一言。
僭越ながら今回はそれについて書いてみようと思います。


「どんな女の子が好み?」と聞かれて困った話。

なぜこの話題?ww
と気になる方がいるかもしれないので
この記事を書こうとおもったきっかけでもある
ちょっとした昔小話をお話しします。
ほんのちょっと、短い話なんですがw

*以下自分をM お話に出てくる友達をAとします。

 

A 「どんな女の子が好み?」
友達を会話しているとそこそこびっくりするくらい唐突に
その話題を振ってきました。

 

M 「え、あんましそういうのはないかな?」
とりあえずとっさ思いついたのがこれでしたw

 

A 「そっか...」

しかしちょっとここでわざわざ振ってもらった話題を
無下にするわけにも!
と思い。

 

M 「まぁあえて言うならかわいい子かな?」
とはいっても特に好みの子もいないけどここで照れ屋のガキっぽく
「っていうかそういうの興味ないしw」
とかいうのもなんとなくやりたくなかったし、
別に女の子が嫌いだったわけでもなかったので、
なんかないかと考えました
まぁ無難にこれは良いんじゃないかと思ってこのセリフをチョイスしました。
ちなみに「性格が良い子」とか「気が使える子」とか
気の利いた言い方もあったでしょうが
それだとなんかそれはそれで面白みもなく完結しそうだったし、
かといってあんまり盛りすぎるといらん誤解を生みそうだったので
まぁ分なんでこれが良いんじゃないかとおもってこのセリフをチョイスしました。

 

はい。

以上です。

 

 

ここからの会話は別にこの記事と関係ないし書いてもせいぜい
記事が完成したあと記事の文字数をみて「あ、今回こんなに書いたんだ!」
とちょっと自分が満足できるだけなので書きませんでしたw
なんか話ってほど長くもないしいろいろ突っ込めそうなところ満載かもしれないけど、
このあとのふとした疑問が
まさに僕にこの記事の発端です。

 


好みのタイプってなんだ?

そう
好みのタイプってなんだろう
です。

なんかこんな感じで「それそのまんまだろ?」
って言葉に毎度突っかかってるけど、
まぁ何が言いたいかっていうと
単純になんて返していいかわからないし、
そもそも好みのタイプってものが存在するのかって話。

よくいう一目ぼれってやつ。
あれは確かに好みのタイプの子がいたら、
惚れるのかもしれない。
っていうかそうなんだろうけど、
なんか納得できない。

別にかっこつけちゃう感じだけど
僕の言い分はこう。
「好きだと思ったらその人が好きであり好みの人。
それ以外になにものでもないんじゃないか」

そして好みのタイプっていうのは
理想の彼女もしくは彼氏。
ということなのでは?
と思った。
なので
この先これ何度聞かれてもやっぱし
答えようがないような気がするな..
と思いました。

ただぼくもそこまで頭が固いわけでもないので、
なんとなくその「好みのタイプ」っていうのは
わかる。
言いたいこともわかるし
別にその言葉を否定しているわけでもないわけで、

ってなんか自己矛盾してないか?
と今更気づくw


まとめ

僕はこれは
「人によってこの言葉の細かい意味の捉え方が違う。
それでオッケー」
ってことでまとめちゃおうと思います。

ちなみにこれから好みのタイプを聞かれたら、
「うーん、これから好きになる人、それが好みかな!」←
と答えようと思います。w


あとがき

57回目の投稿になりました。
ここまで読んでくださってほんとありがとうございます。
なんか途中ごろからとんだ茶番だな...
と幾度となくタイプする腕を止めかけたのですが、
結局書き切ろうという決心を曲げることができず、
世に出してしまいましたw

今回はなんか自分の頭の考えがまんま出てきた感じの
言葉でゴリゴリ書いたので、
なんか見返してみて
「これ書いてるやつ荒れてるわw」
と自分自身苦笑いする感じだったのですが、
自分の言いたいこと言えた感はあるので、満足です!w

 

 

 さいごに


コメントには一応目を通していますが

お返事は基本しませんので

アドバイスなどは僕のTwitterアカウントで

いただけると嬉しいです。

 

アカウントはこちらです。

http://twitter/kiria2211blog

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(__)m