読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きりあ@高校生ブロガーの日常ブログ

中学校時代に不登校をちょっとばかし経験した高校生が書く日々のちょっとした出来事や気づいたことなどを綴っています。

夏のちょっとした小話集

f:id:kiria42:20160829201015j:plain

 

こんにちは半人前高校生ブロガーのきりあです

最近書いても書いても没記事が多かったのですが、

ようやっと更新できます!

っていうセリフも何回も書いたとか書かなかったとかw

 

さて今回はこの夏の暑さに同調してくれるひとがいるかなぁ

もしくは、この記事をみて「仲間がいたぞ!」

ってなるかなぁと思って

この夏感じたりしたこと小話みたいなのを書こうと思います。

まぁまだ夏終わってないけどw

 

夏の小話。

実は僕かなりの暑がりであり同時に寒がりです。

簡単に言うと平均気温が20度前後じゃないとうまくやってけません。

そしてもっというと天気とかにもなかなか敏感で

雨降りだしそうだなあって感じの曇りの天気の3歩手前くらいの

まぶしくも暗くもない感じの晴れの天気じゃないと調子が上がらないので

夏はわりかしつらいです。

基本暑いか日が照ってるんでw

 

そんななか最近ちょっと不思議なことに気づいてしまいました。

実は敏感とか言いつつかなりオーバーな正確なもんで

体調を崩すとわかっていても熱いと下着1枚とかで過ごすことがたまに

あるんですがやっぱりちょっと痛い目見て具合悪くなるんですよねw

で、こんどは厚着をし始めると。

「ほんでも夏だし気温高いし厚着できねぇー」

とかなるかと思ったんですけど意外と着れちゃってw

それで調子乗って綿のパーカーとか着てみたのですが暑くなくて、

でもよく着て直後とかは意外と平気だった!とかあるから

きっとこれもそれだなーと思いました。

まぁそれでも着続けたのですが...

 

案の定暑くて汗かいたw

 

とかいうオチかと思いきや全然暑くなることもなかったのです。

その時に感じた事なのですが、

厚着をすることによってなんか汗をかいてないのか服が密着しているせいで

汗の感覚がわからなかったのかわからないですが、とりあえず暑くて汗かいて

不快感を感じたってことはありませんでした。

それからこれは僕だからだと思うのですが厚着していることによって

ちょっと外に出かけたりしてもさほど温度差に悩まされることもなくて

なかなか過ごしやすかったです。

まぁそんなことがあってか夏になっても冬とかと関係なく服を着たりすることも

しばしばですw

 

夏の小話2

夏になるとよく鳴いている蝉の話です。

 これはまぁSNSでちょっとつぶやいたような話でもあるのですが。。。

 

家でゆっくりしているときにセミの鳴き声を聞き続けるのってなかなか堪えがたいですよねw

実はこの夏始まって当初、

「セミの鳴き声が聞いていてつらいのだったら

セミを連想して過去の夏の良い思い出にひたるとセミの鳴き声を不快に思わない!」

と気づきました。

というかまぁその時はそうだったのです。

けれど夏の真っただ中8月中旬頃はセミがほんっとすごくて

まったくもってこの方法は歯が立ちませんでした。

というかそもそもうるさくてうるさくてたまらなくてつらいのに

昔の思い出に浸るなんて無茶な話なんですよねw

 

それをきっかけにふと昔の思い出を頭の中で掘り出しながら、

感慨に浸っていていろいろ複雑な感情にかられました、、、

それこそまさにやつです。そう、やつ。

 

羞・恥・心・大魔王

 

よくあることだけれどやっぱし思い出に浸ると大体セットでやってきますね。

毎度毎度のおきまりになっているもんだから

なんかもうおかしくなっちゃってニヤニヤがとまらんかった...

もうここまでくると友達みたいなw

 

あとがき

58回目の投稿になりました。

まえがきにも書いた通りなんか記事を書いても全然うまくできなくて

っていう嫌な感じだったので久しぶりに更新できて

少々歓喜しております。

 

さて、来年夏は如何するかなぁw

 

さいごに


コメントには一応目を通していますが

お返事は基本しませんので

アドバイスなどは僕のTwitterアカウントで

いただけると嬉しいです。

 

アカウントはこちらです。

http://twitter/kiria2211blog

 

最後までお読みいただき

ありがとうございましたm(__)m